「しゃばけ」 畠中恵


BL度:❤❤
Story:☆☆☆

種類:BLより
CP:過保護系年上美青年×虚弱系年下美少年(主人公)
過保護系ワイルド青年×虚弱系年下美少年(主人公)


話としては、「妖怪モノのミステリー」って感じです。
殺人事件が起こって、それを主人公が妖怪達と一緒に解決していきます。

匂い系としては、「虚弱美少年と妖怪の愉快な仲間たちin江戸時代」です。
妖怪が見える虚弱主人公が妖怪に助けられながら事件を解決していくのは、
「夏目友人帳」と近いです。

それプラス、周囲が主人公のこと好き過ぎて、BLに見える感じは、
「まるマシリーズ」と似てる。(あそこまでBLを意識した表現はないですが。)
中でも、まるマでいう「過保護系美青年コンラッド」と「ひ弱少年ユーリ」と被ります。

主人公は大店の跡取り息子で、美青年は店の有能な手代兼付人っていう
主従逆転な所も、同じですし非常に萌えます。
ちなみに手代はもう一人居ます。ワイルド系な彼も、主人公が大好きです。

手代二人は実は人間にばけた妖怪で、
主人公の周りには彼のことを大好きな妖怪がうろちょろしています。
寝室の屏風に住むイケメン妖怪もツンデレですが、主人公のことが大好きです。

そして、妖怪ではありませんが、一つ上の幼馴染(男)もかかせません。
過保護に辟易している主人公の安らぎの場になってあげている感じは
たまりません。笑

ミステリーとして見ると、大どんでん返しがあるとか、
そんな華やかな感じではありませんが、
主人公が成長したりとか、うろちょろしてるちっこい妖怪がかわいいとか。

何となくほのぼの見ていたい気持ちにさせられるので、続刊も読んでみようと思います。
スポンサーサイト

「青空の卵」 坂木司


BL度:❤❤❤
Story:☆

種類:BLより
CP:世話焼き系好青年(主人公)×ひきこもり系美青年


日常系ほのぼのミステリー。
ミステリーとしてではなく、二人を中心とした人間模様をなぞっていく感じです。
一般書として販売されていますが、ラノベに近いと思います。

一見、「世話焼き常識人」に依存する「ひきこもり」という風に見えますが、
実は主人公の方が依存体質というおいしい設定。
ヤンデレ要素を持っていると思います\(^o^)/

普段は人畜無害の笑顔絶えない好青年なのに、ひきこもり君に何かあると、
年端もいかない幼児さえ蔑ろにする、
ちょっとイっちゃってる感じが主的にはツボでした。

でも、ワガママを言わせてもらえば、もう少し男らしくあって欲しかった。
バックヤードを見れば、2人がとても脆い人間であることは分かるのですが、
成人男性がそんなに泣くかい!と突っ込みたくなるほど、毎回2人共涙してます。
2人の脆さをもう少し抑えてくれた方が、現実感が出て、萌えられた気がします。

「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 天野 頌子


BL度:❤
Story:☆☆

種類:BLより
CP:変人美青年+ツンツン妖狐少年(主人公)


怪しい陰陽屋なる胡散臭い仕事をしている美青年の元で
バイトすることになってしまった妖狐の少年が、
陰陽屋に舞い込んでくる出来事を解決していくお話。

主人公は純粋でかわいらしい感じです。
基本、フリーな陰陽屋に振り回されます。

陰陽屋はうさんくさーい人の代表って感じ。笑
でも、根はおぼっちゃまなので、別に悪い人じゃないし、
主人公が困ってたら、なんだかんだ助けちゃう
かわいい人です。笑

掛け合わせたら犯罪なので、年の離れた二人のくだらない掛け合いを
楽しむお話ということで。

ストーリーは、緩く進んでいくので、重い話に疲れた時とかに、
息抜きで読むといいと思います。

どっちかっていうと、ラノベに近いです。

「レモンタルト」 長野まゆみ


BL度:❤❤❤❤
Story:☆☆☆

種類:耽美より
CP:イケメン有能な義理兄×達観系美青年(主人公)


主人公の他界してしまった姉の夫(義理兄)と一つ屋根の下で生活するお話。

主人公は、姉が結婚する前から義理兄を恋愛対象として愛し続けている。
でも姉のことも大好きで、亡くなった姉を軸に、
いつもどこかに悲しみを抱えた二人がぐるぐると回っているお話です。

兄は、優秀な商社マン。対して主人公は一般の会社のサラリーマンですが、
縁故採用のため、同僚から常に白い目で見られていることに
劣等感を抱いているかわいそかわいい子です。

夜船という強引系イケメン副社長の命令で、
対象者を籠絡したりするような汚れ仕事もやりますが、
自分に愛想をつかしていて、基本的にされるがままです。
それに、正直夜船に苛められるのは嫌いじゃないMっ子なので、
余計夜船に苛められます。笑 

ベクトルは主に、主人公から義理兄へ出ているので、
片思いな感じがすごくきゅんきゅんします。
でも最後まで読むと、印象が少し違ってくるかもしれません。

全体のストーリーとしては綺麗にまとまっていて、とても読みやすいお話でした。

「 左近の桜」 長野まゆみ


BL度 :❤❤❤
Story:☆☆☆

種類:耽美より
CP:強引系攻め達×ツンツン美少年(主人公)


長野まゆみ得意の幻想的な世界観の中で影のある美少年が翻弄される、
私の大好きなお話でした。

主人公は強引系イケおじさんであるお父さんが大好きで、
お父さんに似た人を無自覚に拾っては、攻められるというけしからん子です。
匂い系ではなく、完熟しているので、毎章拾った男とアレな感じになります。
耽美好きな人にはおススメです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。