frau

兵長のFRAUついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

兵長へのインタビューがあると聞きつけてアマゾン先生で即予約しました。
ああああああ兵長お美しいそして男らしい(*´д`*)ハァハァ
男らしく足を組んでいるのに、その裾からのぞく細い踝とのギャップが
萌えるううううううう

踝prprしたいお(*´д`*)ハァハァ

以下、ネタバレ感想です。

【注意】
・主の独断と偏見による、CPに関する記述があります(エルリです)
・以上の意味の分からない方、了承できない方はご遠慮下さい
続きを読む
スポンサーサイト

セバスチャン相変わらずやらしさ全開でしたね(*´∀`*)
小野Dお得意の吐息混じり出血大サービス!
Dナイスだもっとやれぃ(σ´∀`)σ

今回はサーカス編だけど、1話は初めて見る人にも伝わるように
原作の1話っぽい感じなのね。
なんか懐かしい・・・(´ー`)

てか、フィニって梶きゅんだったねそういえば!
アニメ1期やってた頃は、まだまだ新人よりだったけど
今ではこんなに立派になって・・・(つД`)
親戚のおばちゃん気分ですよwww

てか最後にまもキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
ああああ原作でジョーカー大好きだったので
大好きなまもがやるなんて超うれしい!
すごいあってるなぁ…あの胡散臭い感じがwww

先週の宣伝番組で言ってたけど、
関西弁はあくまでエセらしいですね。演出上。
あれ?まもって関西人じゃないよな・・・って思ったけど
おっけーだったんだね。がんばれ~(ノ゚∀゚)ノ

しっかし小野D今期すごいな・・・
ジョジョ、ばらかもん、黒執事
こんなに良作ばっかり主演とりやがってこのこの~(σ´∀`)σ
悔しいけど全部大好きだ!全力で応援いたしますぞ(゚∀゚)ノ

てか、いつもながらOPちょう気合い入ってんなぁ・・・
よく動く動く。そして美麗・・・
歌も原点に返ってシドだし。良い曲!
購入決定ですな。

来週からがサーカス本番!たのしみです(*‘∀‘)ノ

良作が多い今期ではあまり期待していなかったのですが・・・

超良かった(ノ゚∀゚)ノ

歴史を知らないおバカな高校生がタイムスリップして
本物の信長と入れ替わるってお話なんですな。
設定もおもしろいけど、キャラがいい( ・∀・)ノ
主人公のサブローはアホだけど悪い子じゃない。
けっこう度胸があったり、
歴史は変えちゃいけないっていう変に生真面目な常識は持ってたり、
おにゃの子には優しかったりで好感がもてる。

これから信長として戦乱の世に巻き込まれていくんだろうけど、
けっこう男気と思い切りがあるから、天性の武将向きって感じ( ´ω`)
活躍が楽しみです。

そして、奥さんの帰蝶めちゃめちゃかわいいな(*´д`*)
純粋で無邪気であれは惚れるわ。
「お花が綺麗ですよ~」って帰蝶が言って、
サブローが「よかったね~」ってのんびり返すやり取りが超好きでした。
何かサブローの愛情を感じる(´∀`)

でも、何といっても歴史タイムスリップもので醍醐味というか
宿命というか。特に信長モノで一番気になるのは・・・
本能寺の変ですね。゜(゚´Д`゚)゜。
どうなるんだろう・・・原作はまだ終わってないみたいなので
どう終わらせるのかかなり気になります。

しかし悲しい結末しか見えない。゜(゚´Д`゚)゜。

絵はCGなんですね。
最初違和感がありましたが、慣れました。
来週からは普通に見られそうです。

声はまも、またお前か…!笑
サブローの適当な感じにすごくあってますね~
秀吉がゆーきゃんで、家康がじゅんじゅんか
けっこう豪華だなぁ。中の人的な意味でも楽しみです。

余談ですが・・・最後の英語のアレなんだ(゚∀゚ )??
そして、森蘭丸とも関係を持っていた?的なことを
のたまっていたような気がするんだけど、
何?そっち方向もアリなんですかこれは┌(┌ ^o^)┐ホモォ
蘭丸くんは村瀬くんかぁ・・・かわええな ヽ(´∀`)ノ
勝手にちょっと期待しと。

なにげに、サブローと信長の弟くんが
地面でもつれ合いながらごろごろしてたの見て
私も床ゴロゴロしてたし 笑

nozaki1

ちょっと時間たってますが、野崎くんのトークショー付き先行上映会
行ってきたので、感想書きたいと思います。
いらっしゃったのは…

野崎:ゆーきゃん
佐倉:小澤さん
御子柴:のぶくん
鹿島:中原さん

はい、すみません。ゆーきゃんとのぶくん目当てで行きました( ゚∀゚)ノ
いや、でも行って良かったです。
予想より10倍くらいアニメが楽しかったです。

もちろん、イベントも楽しかったです。
以下、イベントネタバレです。ご注意下さい。
続きを読む

小野D驚くほどシンクロしてるな・・・
すごい声合うっていうか、見た目も似てるし、ちょっと暗い
ところも似てる…マイペースなとこも似てる…
大人のくせに子供っぽいとこも似てる…

なんかの記事で監督もそっくりって言ってたらしいけど、
かなり頷ける。先生はDしかいないよ!

原作は読んでるので、なるの声がどうかかなり
気になっていたんですがちょっと聞き取りづらいかも…( ´ω`)
子役使ったのは正解だと思います。

でも、方言と子供っぽさが混じって
ももももっかい言って( ゚д゚)ノ て感じに。
いや、それが方言なのかもしれなくてそういう意味では
ものすごくリアルを追求したのかもだけど・・・www

私は原作読んでたんで、何をしゃべったのかは
分かりましたが、見てなかったら???ってなってたと思います。
ま、慣れるのかな。

てか、べ様の川藤YABEEEEEEEEE!
あのお声で「あいつは誰かが支えてやらねぇといけねぇんだよ」
って早く言ってほしい。ほしい。

あ、私は先生総受けです(聞いてない)

絵はすごく綺麗だったなぁ。
田舎の絵はアニメばえするからいいですね。
季節もちょうど夏にかぶってるので、なお良し。
とにかく原作が大好きなので、次回も楽しみ!

思ったよりすごくよくって得した気分でした。
絵も綺麗だなぁぁぁ。
1話だけだと世界感がいまいちだったけど、
ちょっとレトロっぽいとこは好きかも。

何がいいって、蒼葉と紅雀が良かった!
キャラ萌えするとは聞いてたんですが、いいね(σ゚∀゚)σ
蒼葉は、男らしいのに何かかわいいし、
紅雀は、女好きっぽいのに明らかに蒼葉へ→出てるし。
何より二人の髪にまつわる回想シーンでゲームを買うことが決定しました。
幼馴染とかあかんわ(´◉◞౪◟◉)
髪が痛いってなんかすごいエロいですよね(*´д`*)

ニトロさんのとこのゲームは「咎狗」しかやってませんが、
その一作だけでもうすごい会社だっていうのはよくわかりました。
ドラマダは前作以前と比べると、あんまりレビューがよくなかったので
敢えてゲーム買わなかったのですが・・・

早く買っていればよかった!!!

さっそくメイト行って3日で全クリしました。
ゲーム感想もかいてみたので、よかったらどうぞ~。
√ごとのは順次書いていきたいと思います。

アニメはどういう風にキャラ絡ませていくのか楽しみです。

まってましたぁぁぁぁぁぁヽ(゚∀゚)ノ

ハマトラ1期始まった時は、まさか2期をこんなに楽しみに待つ
とは思ってもみなかった。

てか、え!?告別式???
ナイスってやっぱしんじゃったの!?!?
って思ってたら・・・

生きてたんかいヽ(`Д´)ノウワァァァーン!!

ふぃ~まずはよかったよかった。
じゃあ、1期の最後でアートきゅんは、一体何をしたんだろう。
ころしにかかったけど、ナイスに逃げられたのか、
脅しだったのか、何かまったく別のことをしたのか・・・

とりあえず、闇落ちの繊細坊やが大好きなので、楽しみにしてます。
天才ナイスを憎む秀才アート。
愛憎ですなぁぁぁぁぁ(*´д`*)ハァハァ
ああああおいしいおいしいmgmg

アートきゅんがラスボスなのかな。
さすがヒロCです。
1期の途中で撃たれた時は、生きる気力がない・゚・(つД`)・゚・
と思いましたが、ただじゃしなないですね、やはり。
思う存分活躍してほしいです。

さすが虚ぶっちーせんせぇぇぇぇぇぇぇぇ\(^o^)/
初回から鳥肌たちまくりですよぉぉぉ
あおきえい先生の演出もまたネ申!!!
F/Zに続くお2人の共演と聞いて大いに期待していたが

やはり期待以上だった\(^o^)/

地球が侵略されるっていうありきたりな設定なのに
どうしてこんなに惹きこまれるのか!
てか、ガルガンティアといい、ぶっちー先生は
侵略される系好きなのかな。

正直、主人公のイナホ君については、まだ情報が少なすぎて
よくわかりませんが、スレイン君は超私好み!
あのかわいそかわいい報われなそうな感じprpr
二人は対立していくのかな…そしたらまたそこで萌えがうまr

姫様いきなりの爆発で唖然…
さすがぶっちー先生やることが刺激的(*´д`*)
でも最後顔こっち向いてなかったし、影武者の可能性もあるかな…
あれだけキャラかわいくしといて、1話で終了もなさそうだし。
好きな感じだったから出てきてほしいな( `・ω・)ノ

そして音楽は澤野先生だったんですねぇぇぇぇぇ
この企画の本気を見た!
宇宙船?落下のシーンは鳥肌モノでしたよ!!
澤野先生特有の壮大な音楽…!!!
五体投地で頭があがらないぜorz

次回が楽しみで仕方ない・・・!

待ちに待った今期のホモォ枠ですよぉぉぉぉぉ\(^o^)/
思ったより大分良かったちょうおもしろかった!
ギャグテイストなんですね。
原作読んでないんですが、ちょっと読みたくなるなぁ・・・

泉水ちゃんめためたかわいいな(*´д`*)ハァハァ
見た目は完全におにゃのこですな。
最近はリヴァイ兵士長のような筋肉自慢の受が多かったので新鮮ですよ。
攻は、普通にイケメンやな~
あのちょっと俺様入ってる攻ときゃるんとした受は、新條先生を思い出すなぁ…
何だかなつかしいぜ!笑

中の人的に、えぐにゃん×かっぱとか
私の中でお初なので、もうドキドキですよ。
とりぐなる大好きなんで、三人がこの現場にいることを想像するだけで…萌死
実際はかっぱが、「えぐにゃんおいで❤」とかやってるとかもう!笑

よながの演技は、なんかもう、さすがですとしか言いようがない。
彼は本当に器用ですな。

しかし!一番の注目はなんといっても、D/A/I/G/O!!!

ヴァンガードがアレだったのでどうかな~と思ったのですが、
思ったよりは悪くなかった!笑
さすが、実のおねーさまが、弟をモデルにしただけはある。
キャラがちょうはまってる。
でも、彼ってマネージャーとCPなんですよね??
そっちもやってほしかったけど、さすがにD/A/I/G/OはBLやらんだろうなぁ・・・

てか!こっちの玲ちゃんも平川さんであったことに超おどろいた!笑
すごい偶然。
しかもかっぱもいるという。
Freeとのリンクが偶然にしては素晴らしいですな。

ママレードボーイかよ!ってくらいの光の速さでちゅーしてましたが、
次回はどうなるんだろう。
バレるのがいつなのかな・・・
今から楽しみでしかたない!

すごい雰囲気ある作品だと思いました!
さすがノイタミア!外さないな~

ナインとツエルブの男子高校生二人組が、テロる話なんですね。
ん~情勢的になかなか刺激的ですが、そういう情勢だからこそなんでしょうか。
今期期待の星なだけに、放送中に余計な茶々が入らないことを祈ります。

ナインは、まさに界人くん!ってキャラでしたね。
頭脳明晰のクールキャラかな。
でも、冷たく見えて情に厚そう。
かわっ( ´∀`)

対してツエルブは、記憶力が異常なほど良いていう設定なのかな。
底抜けに明るくて自由だけど、結構残酷そう。
子供特有の残酷さというか。
対照的でいいねぇ(*´д`*)ハァハァ

今のとこ、ナイン×ツエルブだけど、逆になりそうな気がする(*´д`*)ハァハァ

ヒロイン的なリサちゃんは、いまのとこ、ただのいじめられっ子。
極限に追い込まれて、サイコパスのアカネちゃんみたく
開花してくれるといいな(*´ⅴ`)

HPに載ってるハイブちゃんは次回からかな。
また、サーカスにいそうな感じですなwww

ヒロイン以外の三人は同じ施設にいたのかな。
名前がみんな数字っぽい。
ナイン=9
ツエルブ=12
ハイブ=5
これから楽しみだな~

「残響のテロル」公式サイト



≪全体として≫

ストーリー:☆☆☆☆
スチル  :☆☆☆☆☆
システム :☆☆☆☆☆
濡れ場  :☆☆☆☆
総合    :☆☆☆☆

≪ストーリー≫
非常にキャラ萌えしました。買ってよかったです。
ネットに書かれているほど、ストーリーはひどいと思いませんでした。
ニトロさんの作品レベルが高いから、ハードルがあがってるんでしょう。

確かに全体のストーリーは咎狗と比べたら劣ると思います。
でも、他社さんの製品と比べたら、本作も十分良作だと思います。

それに劣っているのは、あくまでストーリー全体に関わるところであって、
それぞれの√は普通に萌えました。
恋愛の過程は比較的自然だったと思いますし、
キャラ萌えとしてゲームするなら、クオリティは全然低くないと思います。

≪スチル≫
文句有りません。美麗なイラストを食い入るようにhshsしながら見ていました。

≪システム≫
全く文句有りません。さすが老舗というか。
音やスキップの設定等、非常に細かく自分で設定できたので、
とても快適にプレイすることができました。
選択肢も、攻略サイト見れば難しくて先に進めねぇよ!
っていうのは一切なく、ストーリーを悠々と楽しみたい私にとっては、最高でした。

≪濡れ場≫
咎狗よりちょっと少な目かな…?スイートプールはやっていないので分かりませんが。
でも、不自然な濡れ場をねじ込んでくるよりは、
萌えられる濡れ場を自然に入れてくれた方が私は好きなので、満足です。

声優さん達は、皆さんとてもうまかったです。
正直、メインの方でよく知っていたのは「紅雀」と「ノイズ」だけだったし、
好きなのは「ノイズ」オンリーだったので、不安がありましたが…
皆さん最高の演技をなさっていました。

特に「蒼葉」役の方は、しおらしい時や濡れ場で、
BLCDの時のノジケンさんを思わせるような鼻にかかったかわいらしい声を
お出しになるので、hshsしまくりでしたwww

あと、囀る鳥の矢代やってる時の樽助さんとも似てます。
ちゃんと男として声出してるのに、かわいいところが萌えます。

≪余談≫
フルコンプすると見られる製作スタッフの方々のコメントがあるんですが、
これ!オススメです。「覇」さんという方が異彩を放っています。
製作初期に「卯水」を見て一目惚れしたそうなんですが、
その時の妄想と、完成系の卯水を見た時の反応が面白すぎて、
爆笑でした。
これは是非見た方がいいと思います。
この方とお知り合いになりたいと切に思ったほど、面白いコメントでしたw

次回は、各√感想書きたいと思います。

「私が語りはじめた彼は」 三浦しをん

評価:☆☆☆

女の人が常に絶えない大学教授を、部下・愛人・息子等、
その周りの人の目線でそれぞれ物語った小説。

つくづく人と人って真に分かり合うことは、難しいんだなぁと思わされます。
男女問わず人間が二人いれば、それぞれ求めるものがあって、
でも、それは完全に一致することはない。

むしろ、あらぬ方向を向いていて、気づいなかったり、
気づいていてもどうすることもできなかったり。
もどかしくて悔しくて哀しいけれど、どこかで諦めるっていうのも、
人生においては必要なことだなぁと思わされました。
勉強になりました。

☆が3つなのは、また、単に先生の明るい話の方が好きだからです。笑

「むかしのはなし」 三浦しをん

評価:☆☆☆

短編集で主人公も全部違いますが、ひとつの軸があり、
話自体はどこかで繋がっています。

街の片隅で起こった話から始まり、話は宇宙まで滑稽な程壮大なります。
でも、そんな雲を掴むような現実感のない出来事を、
「人」に落とし込む文章力には圧倒されました。
壮大過ぎる話って、いまいち共感できないというか、
私は苦手なのですが、さすがは先生。
しばらく賢者モードから帰って来れませんでした。

☆が3つなのは、単に先生の明るい話の方が好きだからです。
作品としては、本当にすばらしいと思いました。

「しゃばけ」 畠中恵


BL度:❤❤
Story:☆☆☆

種類:BLより
CP:過保護系年上美青年×虚弱系年下美少年(主人公)
過保護系ワイルド青年×虚弱系年下美少年(主人公)


話としては、「妖怪モノのミステリー」って感じです。
殺人事件が起こって、それを主人公が妖怪達と一緒に解決していきます。

匂い系としては、「虚弱美少年と妖怪の愉快な仲間たちin江戸時代」です。
妖怪が見える虚弱主人公が妖怪に助けられながら事件を解決していくのは、
「夏目友人帳」と近いです。

それプラス、周囲が主人公のこと好き過ぎて、BLに見える感じは、
「まるマシリーズ」と似てる。(あそこまでBLを意識した表現はないですが。)
中でも、まるマでいう「過保護系美青年コンラッド」と「ひ弱少年ユーリ」と被ります。

主人公は大店の跡取り息子で、美青年は店の有能な手代兼付人っていう
主従逆転な所も、同じですし非常に萌えます。
ちなみに手代はもう一人居ます。ワイルド系な彼も、主人公が大好きです。

手代二人は実は人間にばけた妖怪で、
主人公の周りには彼のことを大好きな妖怪がうろちょろしています。
寝室の屏風に住むイケメン妖怪もツンデレですが、主人公のことが大好きです。

そして、妖怪ではありませんが、一つ上の幼馴染(男)もかかせません。
過保護に辟易している主人公の安らぎの場になってあげている感じは
たまりません。笑

ミステリーとして見ると、大どんでん返しがあるとか、
そんな華やかな感じではありませんが、
主人公が成長したりとか、うろちょろしてるちっこい妖怪がかわいいとか。

何となくほのぼの見ていたい気持ちにさせられるので、続刊も読んでみようと思います。

「青空の卵」 坂木司


BL度:❤❤❤
Story:☆

種類:BLより
CP:世話焼き系好青年(主人公)×ひきこもり系美青年


日常系ほのぼのミステリー。
ミステリーとしてではなく、二人を中心とした人間模様をなぞっていく感じです。
一般書として販売されていますが、ラノベに近いと思います。

一見、「世話焼き常識人」に依存する「ひきこもり」という風に見えますが、
実は主人公の方が依存体質というおいしい設定。
ヤンデレ要素を持っていると思います\(^o^)/

普段は人畜無害の笑顔絶えない好青年なのに、ひきこもり君に何かあると、
年端もいかない幼児さえ蔑ろにする、
ちょっとイっちゃってる感じが主的にはツボでした。

でも、ワガママを言わせてもらえば、もう少し男らしくあって欲しかった。
バックヤードを見れば、2人がとても脆い人間であることは分かるのですが、
成人男性がそんなに泣くかい!と突っ込みたくなるほど、毎回2人共涙してます。
2人の脆さをもう少し抑えてくれた方が、現実感が出て、萌えられた気がします。

「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 天野 頌子


BL度:❤
Story:☆☆

種類:BLより
CP:変人美青年+ツンツン妖狐少年(主人公)


怪しい陰陽屋なる胡散臭い仕事をしている美青年の元で
バイトすることになってしまった妖狐の少年が、
陰陽屋に舞い込んでくる出来事を解決していくお話。

主人公は純粋でかわいらしい感じです。
基本、フリーな陰陽屋に振り回されます。

陰陽屋はうさんくさーい人の代表って感じ。笑
でも、根はおぼっちゃまなので、別に悪い人じゃないし、
主人公が困ってたら、なんだかんだ助けちゃう
かわいい人です。笑

掛け合わせたら犯罪なので、年の離れた二人のくだらない掛け合いを
楽しむお話ということで。

ストーリーは、緩く進んでいくので、重い話に疲れた時とかに、
息抜きで読むといいと思います。

どっちかっていうと、ラノベに近いです。

「レモンタルト」 長野まゆみ


BL度:❤❤❤❤
Story:☆☆☆

種類:耽美より
CP:イケメン有能な義理兄×達観系美青年(主人公)


主人公の他界してしまった姉の夫(義理兄)と一つ屋根の下で生活するお話。

主人公は、姉が結婚する前から義理兄を恋愛対象として愛し続けている。
でも姉のことも大好きで、亡くなった姉を軸に、
いつもどこかに悲しみを抱えた二人がぐるぐると回っているお話です。

兄は、優秀な商社マン。対して主人公は一般の会社のサラリーマンですが、
縁故採用のため、同僚から常に白い目で見られていることに
劣等感を抱いているかわいそかわいい子です。

夜船という強引系イケメン副社長の命令で、
対象者を籠絡したりするような汚れ仕事もやりますが、
自分に愛想をつかしていて、基本的にされるがままです。
それに、正直夜船に苛められるのは嫌いじゃないMっ子なので、
余計夜船に苛められます。笑 

ベクトルは主に、主人公から義理兄へ出ているので、
片思いな感じがすごくきゅんきゅんします。
でも最後まで読むと、印象が少し違ってくるかもしれません。

全体のストーリーとしては綺麗にまとまっていて、とても読みやすいお話でした。

「 左近の桜」 長野まゆみ


BL度 :❤❤❤
Story:☆☆☆

種類:耽美より
CP:強引系攻め達×ツンツン美少年(主人公)


長野まゆみ得意の幻想的な世界観の中で影のある美少年が翻弄される、
私の大好きなお話でした。

主人公は強引系イケおじさんであるお父さんが大好きで、
お父さんに似た人を無自覚に拾っては、攻められるというけしからん子です。
匂い系ではなく、完熟しているので、毎章拾った男とアレな感じになります。
耽美好きな人にはおススメです。

「異邦の騎士」 島田荘司


BL度:❤❤
Story:☆☆☆☆

種類:友情より
CP:変人美青年×翻弄される真面目青年(主人公)


ミステリー小説としても、十分面白かったです。
最後の方のどんでん返しは、ちょっと予想できなかったです。
ミスリードにうまく引っ掛かりました。笑

匂い系としても、なかなか良いです。
記憶喪失の主人公を助けようと、異常に尽力する友人が甲斐甲斐しい。
おま、どんだけ主人公大事なんだよ!って突っ込みたくなりました 笑
最初は逆CPで読んでいましたが、友人のラストの頑張りが男らし過ぎて、
リバりました 笑 

主人公は完全にヒロインでした。
ただ、もう少しお互いをどう思っているのか、
心情部分が厚いとさらに良かったなぁと思います。

「聖なる黒夜」 柴田よしき


BL度:❤❤❤❤❤
Story:☆☆☆☆☆

種類:ホモ
CP:妻に離婚されたやもめ刑事×男妾あがりの美青年


ミステリを下敷きにした恋愛小説ですね。
テーマは愛憎。すごく根が深い感じの。笑

結論から言うと、今まで読んだ匂い系小説の中で1、2を争います。
何で今まで読んでなかったんだろうと後悔するくらい。
あと、本番も何回かあるので、読んでいる途中で、
「あれ?私、BL小説借りたんだっけ?」って
何度も自問自答してしまうほど、濃厚です。

まぁ、一般小説と比べると、という話なので、
本番有りのBL小説を目当てで買ったら物足りないでしょうが、
一般人がたまたま手に取って、読んでみたらこれだったら、
度肝を抜かす人は多いんじゃないでしょうか。
特に男の人でこういうのに抵抗ある人は、途中で読めなくなるのでは…?と思う程。

ただ、ホモとかバイとかについて、至極真面目に語られているので、
その辺は文学だなぁと思いました。

あるヤクザの大幹部が殺され、仕事一筋のやもめ刑事(主人公)が、
その事件を担当することになる。捜査線上に浮かびあがったのは、
主人公が数年前に逮捕した泣き虫大学生。
しかし再会すると、彼は変わり果てていた…というのが、物語の冒頭です。

元大学生は「練」といい、世間的にはヤクザの大幹部の下で、
信じられないほどの利益をあげている割には、
全く尻尾を出さない狡賢い要注意人物なので、主人公は驚いて、
この数年間に一体何が起こったのか知ろうと何かと接触します。

練は、自分を逮捕した刑事を確かに憎んでいるのに、
それだけでは説明できない何かがある。
お互いつかず離れずの関係を続けていくんですが、
葛藤しながら段々と距離が縮まっていく感じがすごく良かったです。

ただ、この話はもっと根が深くて、何で主人公はこんなに練が気になるのか、
練は、なぜ憎んでいるはずなのに、主人公から離れられないのかという所に、
彼らの過去が関わってきます。

ネタバレになってしまうので、詳しくは書きませんが、
ラストは愛憎のテーマに相応しい終わり方だったと私は思います。
恋愛シュミレーションゲームでいう「True End」という所でしょうか。

ミステリーについてもレベルは高かったんじゃないかと思います。
途中までは、犯人が全く分からなかったです。
色んな意味で、この作品は素晴らしかった。
出会えたことを本当に幸せに思います。

ぜひおススメしたい作品として、友人に布教して回ろうと思います。

腐った主婦です。BLに一生を捧げると誓いましたwww

アニメ、漫画、小説、ゲームについての感想サイトです。

小説は図書館で読めるBLっぽい本中心です。

「匂い系小説」っていうらしいですね。

そんな感じのをのんびり書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。