「しゃばけ」 畠中恵


BL度:❤❤
Story:☆☆☆

種類:BLより
CP:過保護系年上美青年×虚弱系年下美少年(主人公)
過保護系ワイルド青年×虚弱系年下美少年(主人公)


話としては、「妖怪モノのミステリー」って感じです。
殺人事件が起こって、それを主人公が妖怪達と一緒に解決していきます。

匂い系としては、「虚弱美少年と妖怪の愉快な仲間たちin江戸時代」です。
妖怪が見える虚弱主人公が妖怪に助けられながら事件を解決していくのは、
「夏目友人帳」と近いです。

それプラス、周囲が主人公のこと好き過ぎて、BLに見える感じは、
「まるマシリーズ」と似てる。(あそこまでBLを意識した表現はないですが。)
中でも、まるマでいう「過保護系美青年コンラッド」と「ひ弱少年ユーリ」と被ります。

主人公は大店の跡取り息子で、美青年は店の有能な手代兼付人っていう
主従逆転な所も、同じですし非常に萌えます。
ちなみに手代はもう一人居ます。ワイルド系な彼も、主人公が大好きです。

手代二人は実は人間にばけた妖怪で、
主人公の周りには彼のことを大好きな妖怪がうろちょろしています。
寝室の屏風に住むイケメン妖怪もツンデレですが、主人公のことが大好きです。

そして、妖怪ではありませんが、一つ上の幼馴染(男)もかかせません。
過保護に辟易している主人公の安らぎの場になってあげている感じは
たまりません。笑

ミステリーとして見ると、大どんでん返しがあるとか、
そんな華やかな感じではありませんが、
主人公が成長したりとか、うろちょろしてるちっこい妖怪がかわいいとか。

何となくほのぼの見ていたい気持ちにさせられるので、続刊も読んでみようと思います。
スポンサーサイト

小説「むかしのはなし」感想

匂い系小説「青空の卵」感想

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。