≪全体として≫

ストーリー:☆☆☆☆
スチル  :☆☆☆☆☆
システム :☆☆☆☆☆
濡れ場  :☆☆☆☆
総合    :☆☆☆☆

≪ストーリー≫
非常にキャラ萌えしました。買ってよかったです。
ネットに書かれているほど、ストーリーはひどいと思いませんでした。
ニトロさんの作品レベルが高いから、ハードルがあがってるんでしょう。

確かに全体のストーリーは咎狗と比べたら劣ると思います。
でも、他社さんの製品と比べたら、本作も十分良作だと思います。

それに劣っているのは、あくまでストーリー全体に関わるところであって、
それぞれの√は普通に萌えました。
恋愛の過程は比較的自然だったと思いますし、
キャラ萌えとしてゲームするなら、クオリティは全然低くないと思います。

≪スチル≫
文句有りません。美麗なイラストを食い入るようにhshsしながら見ていました。

≪システム≫
全く文句有りません。さすが老舗というか。
音やスキップの設定等、非常に細かく自分で設定できたので、
とても快適にプレイすることができました。
選択肢も、攻略サイト見れば難しくて先に進めねぇよ!
っていうのは一切なく、ストーリーを悠々と楽しみたい私にとっては、最高でした。

≪濡れ場≫
咎狗よりちょっと少な目かな…?スイートプールはやっていないので分かりませんが。
でも、不自然な濡れ場をねじ込んでくるよりは、
萌えられる濡れ場を自然に入れてくれた方が私は好きなので、満足です。

声優さん達は、皆さんとてもうまかったです。
正直、メインの方でよく知っていたのは「紅雀」と「ノイズ」だけだったし、
好きなのは「ノイズ」オンリーだったので、不安がありましたが…
皆さん最高の演技をなさっていました。

特に「蒼葉」役の方は、しおらしい時や濡れ場で、
BLCDの時のノジケンさんを思わせるような鼻にかかったかわいらしい声を
お出しになるので、hshsしまくりでしたwww

あと、囀る鳥の矢代やってる時の樽助さんとも似てます。
ちゃんと男として声出してるのに、かわいいところが萌えます。

≪余談≫
フルコンプすると見られる製作スタッフの方々のコメントがあるんですが、
これ!オススメです。「覇」さんという方が異彩を放っています。
製作初期に「卯水」を見て一目惚れしたそうなんですが、
その時の妄想と、完成系の卯水を見た時の反応が面白すぎて、
爆笑でした。
これは是非見た方がいいと思います。
この方とお知り合いになりたいと切に思ったほど、面白いコメントでしたw

次回は、各√感想書きたいと思います。

「私が語りはじめた彼は」 三浦しをん

評価:☆☆☆

女の人が常に絶えない大学教授を、部下・愛人・息子等、
その周りの人の目線でそれぞれ物語った小説。

つくづく人と人って真に分かり合うことは、難しいんだなぁと思わされます。
男女問わず人間が二人いれば、それぞれ求めるものがあって、
でも、それは完全に一致することはない。

むしろ、あらぬ方向を向いていて、気づいなかったり、
気づいていてもどうすることもできなかったり。
もどかしくて悔しくて哀しいけれど、どこかで諦めるっていうのも、
人生においては必要なことだなぁと思わされました。
勉強になりました。

☆が3つなのは、また、単に先生の明るい話の方が好きだからです。笑

「むかしのはなし」 三浦しをん

評価:☆☆☆

短編集で主人公も全部違いますが、ひとつの軸があり、
話自体はどこかで繋がっています。

街の片隅で起こった話から始まり、話は宇宙まで滑稽な程壮大なります。
でも、そんな雲を掴むような現実感のない出来事を、
「人」に落とし込む文章力には圧倒されました。
壮大過ぎる話って、いまいち共感できないというか、
私は苦手なのですが、さすがは先生。
しばらく賢者モードから帰って来れませんでした。

☆が3つなのは、単に先生の明るい話の方が好きだからです。
作品としては、本当にすばらしいと思いました。

「しゃばけ」 畠中恵


BL度:❤❤
Story:☆☆☆

種類:BLより
CP:過保護系年上美青年×虚弱系年下美少年(主人公)
過保護系ワイルド青年×虚弱系年下美少年(主人公)


話としては、「妖怪モノのミステリー」って感じです。
殺人事件が起こって、それを主人公が妖怪達と一緒に解決していきます。

匂い系としては、「虚弱美少年と妖怪の愉快な仲間たちin江戸時代」です。
妖怪が見える虚弱主人公が妖怪に助けられながら事件を解決していくのは、
「夏目友人帳」と近いです。

それプラス、周囲が主人公のこと好き過ぎて、BLに見える感じは、
「まるマシリーズ」と似てる。(あそこまでBLを意識した表現はないですが。)
中でも、まるマでいう「過保護系美青年コンラッド」と「ひ弱少年ユーリ」と被ります。

主人公は大店の跡取り息子で、美青年は店の有能な手代兼付人っていう
主従逆転な所も、同じですし非常に萌えます。
ちなみに手代はもう一人居ます。ワイルド系な彼も、主人公が大好きです。

手代二人は実は人間にばけた妖怪で、
主人公の周りには彼のことを大好きな妖怪がうろちょろしています。
寝室の屏風に住むイケメン妖怪もツンデレですが、主人公のことが大好きです。

そして、妖怪ではありませんが、一つ上の幼馴染(男)もかかせません。
過保護に辟易している主人公の安らぎの場になってあげている感じは
たまりません。笑

ミステリーとして見ると、大どんでん返しがあるとか、
そんな華やかな感じではありませんが、
主人公が成長したりとか、うろちょろしてるちっこい妖怪がかわいいとか。

何となくほのぼの見ていたい気持ちにさせられるので、続刊も読んでみようと思います。

「青空の卵」 坂木司


BL度:❤❤❤
Story:☆

種類:BLより
CP:世話焼き系好青年(主人公)×ひきこもり系美青年


日常系ほのぼのミステリー。
ミステリーとしてではなく、二人を中心とした人間模様をなぞっていく感じです。
一般書として販売されていますが、ラノベに近いと思います。

一見、「世話焼き常識人」に依存する「ひきこもり」という風に見えますが、
実は主人公の方が依存体質というおいしい設定。
ヤンデレ要素を持っていると思います\(^o^)/

普段は人畜無害の笑顔絶えない好青年なのに、ひきこもり君に何かあると、
年端もいかない幼児さえ蔑ろにする、
ちょっとイっちゃってる感じが主的にはツボでした。

でも、ワガママを言わせてもらえば、もう少し男らしくあって欲しかった。
バックヤードを見れば、2人がとても脆い人間であることは分かるのですが、
成人男性がそんなに泣くかい!と突っ込みたくなるほど、毎回2人共涙してます。
2人の脆さをもう少し抑えてくれた方が、現実感が出て、萌えられた気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。